Skip to main content Skip to search results

収蔵資料群を表示: 31 - 40 / 75件

吉岡美枝資料, Mie Yoshioka scrapbooks

 Fonds
Identifier: A011
概要

大阪を中心に活躍した吉岡美枝(日本画家、1911-1999)の作成物及び旧蔵品。スクラップ帖29冊、蔵書(書籍197冊、雑誌532冊)からなる。

年代域: 1911-1999

三露千萩・千鈴・佐藤房子旧蔵資料, Mitsuyu family collection

 Fonds
Identifier: A026
概要

三露千萩・三露千鈴・佐藤房子の旧蔵品。 三露千萩(1882-1952)は、大阪で活躍した女性日本画家であり、その長女・三露千鈴(1904-1926)と二女・佐藤房子(-2016)も、母と共に絵を学び画家として活躍した。千萩と千鈴は、庭山耕園の画塾に通った後、木谷千種の八千草会で美人画を学び、一方二女房子は母とともに庭山耕園画塾で日本画を学んだ後、洋画に転向した。本資料群には、庭山耕園の絵手本帖、房子宛書簡、千鈴の袱紗、千鈴追悼記念誌、印章、写真資料などが含まれる。

年代域: Agent Relation: 1882-2016

『小出楢重絵日記』3巻組 (1968年刊行), Narashige Koide’s Diary published in 1968

 Item
Identifier: SC003
内容

3巻揃(箱入り限定版) 出版社:求竜堂

年代域: Publication: 1968

ワイルダーライブラリー, Nicholas Wilder Library

 Fonds
Identifier: SC034
概要

画商でロサンゼルスの画廊オーナーであったニコラス・ワイルダー(1937-1989, 北米)が20年以上の歳月をかけて収集した美術文献群。19世紀と20世紀の美術に関する基本文献や絶版の展覧会図録、近代絵画の重要画集などが含まれる。
個人の文献コレクションとしては当初8274冊が販売対象としてリスト化されていたが、購入時、すでに美術館準備室が入手していた文献との重複や新美術館の専門領域を考慮して、5519冊が選別・購入された。

年代域: Agent Relation: Nicholas Wilder(1937-1989)

日本画学習資料, Nihonga learning materials(1954-1966, undated)

 Collection
Identifier: SC022
概要

本資料群は日本画学習教材で、手本、指南書などの紙類全340枚から成る。神戸で貸地貸家業を営んでいた萬谷喜代栄(まんたにきよひで, 1912-1980, 近代大阪で活躍した島成園の門下生橋本成花の親族)のもので、昭和中期(昭和20年代後半から40年代頃?)まで、萬谷は趣味の一環として神戸の清進画塾・日本画実技研究所の水谷吉晴(生没年不詳)から日本画を習っていた。
資料には、萬谷記名の習作も含まれるが、主に水谷吉晴の手とみられる「参考画」印のある描画手本、鶴の羽や足などの細部描写の図解、筆致や絵具の溶き方、色彩に関する指南などがあり、封書で送られた手本の含まれることから、通信教育の形式での授業があったと考えられる。

年代域: 昭和中期, 1954-1966, undated

栗原伸資料, Noburu Kurihara papers

 Fonds
Identifier: A037
概要

京都の栗原邸(旧鶴巻鶴一邸)に残されていた資料で、萬年社3代目社長栗原伸(在任期間1951-1954年、以後相談役)の遺品。作成年代域は1899(明治32)年~昭和30年代。萬年社関係資料と栗原伸氏の個人資料(家庭、キリスト教に関わるものなど)とが混在している。

含まれるものは、栗原伸宛書簡、萬年社営業関係書類(大正9〜昭和30年代)、簿冊、名簿、原稿、写真、新聞、新聞スクラップブック、住所録、カード・ハガキのスクラップブック、葬儀録、ノート、名刺(昭和19〜22年)、昭和11年の年賀状、領収書綴、書簡集ファイル(整理されたもの)、ポストカードアルバム。書簡は主に明治30年代~昭和30年代(1900年代~1950年代後半)までのものが差出人名別ファイルに綴られている。

年代域: 1899(明治32)年~昭和30年代

特定非営利活動法人大阪アーツアポリア資料, NPO Osaka Arts Aporia records(2000-2017, undated)

 Fonds
Identifier: A042-2020.04
概要 平成15(2003)年に法人を開設し、平成29(2017)年に解散した特定非営利活動法人大阪アーツアポリアの活動により生成された資料群。大阪アーツアポリアは、任意団体として発足(平成12...
年代域: 1999-2017, undated

大阪市立近代美術館/大阪新美術館建設準備室収集図書コレクション, Osaka City Museum of Modern Art; Planning office library

 Collection
Identifier: SC033
概要

ギャラリーアーバン(詳細不明)の仲介により美術館開館を見据えて大阪市が購入した美術書約6000冊を核とする。美術研究のための基礎文献の購入等により2017(平成28)年頃まで追加があり、今後、順次OPAC登録を進める。

年代域: Agent Relation: 1990年代~2017年まで購入等の収集活動によりコレクション形成

大阪版画の会資料, Osaka Graphic Arts Distribution Society records(1971-1997, undated)

 Fonds
Identifier: A024
概要

「大阪版画の会」の活動により生成され、同会の運営に携わった個人が保管していたもの。会は版画愛好家たちによって1971年に大阪で発足。依頼作家からの作品提供を受け、1988年までの17年間にわたり版画作品の頒布会を開催し、座談会などを通して普及活動も行った。臨時の2回を含む全54回の頒布会(1971-1988年)で作品頒布した作家は、黒崎彰、吉原英雄、木村光佑、川西祐三郎、柄澤斉ら53名にのぼり、各回限定50部(例外あり)が頒布された。
本資料群は大阪版画の会に関係する個人が所蔵していた部分的な資料であり、1971年から1997年(昭和46年-平成9)にかけて作成された事務書類、白黒およびカラーネガと紙焼き写真が含まれる。

年代域: 1971-1997

『大阪パック』, Osaka Puck(1907-1936)

 Collection
Identifier: SC035
概要

1906(明治39)年11月から1950(昭和25)年3月まで刊行されていた日本の漫画雑誌。『東京パック』(1905年発刊, 北沢楽天)の影響をうけ、洋画家・赤松麟作(1878-1953年)が中心となり創刊した。月2回発行(昭和8年からは月1回発行)。創刊当初の発行元は大阪・船場の輝文館。のちに「大阪パック社」へ変わる。
当館所蔵は1907(明治40)年10月1日発行の第2年第18号から1936(昭和13)年12月1日発行の第33年第11号まで計125冊。

年代域: Issued: 1907-1936

結果を絞り込み

その他の絞り込み:

主題
Gutai 6
Advertising 1
Alternative spaces 1
Art, Japanese--20th century 1
Arts, Japanese 1